« 被災者雇用開発コース | メイン | 建設労働者技能実習コース »

建設労働者認定訓練コース

人材開発支援助成金 建設労働者認定訓練コース

★ どんな助成金?

(経費助成)
中小建設事業主又は中小建設事業主団体(職業訓練法人など)が、職業能力開発促進法による認定職業訓練を受けさせる場合の助成金です。都道府県の広域団体認定訓練助成金の支給または認定訓練助成事業補助金の交付を受けている認定職業訓練であることが必要です。

(賃金助成)
中小建設事業主が、雇用する建設労働者に対して、有給で認定職業訓練を受けさせる場合の助成金です。キャリア形成促進助成金又はキャリアアップ助成金の支給を受けていることが必要です。

★ いくらもらえる?

(経費助成)

広域団体認定訓練助成金の支給又は認定訓練助成事業費補助金の交付を受けて都道府県が行う助成により助成対象経費とされた額の6分の1に相当する額です。

(賃金助成)
一人あたり日額3,800円< 生産性の向上が認められる場合4,800円>ただし、1事業所への1の年度の建設労働者認定訓練コース(賃金助成)に係る支給額の合計として1,000万円が上限となります。

生産性要件の対象です。

★ 受給のポイント

〇 受給できる中小建設事業主
次の要件のすべてに該当する中小建設事業主
・雇用保険の適用事業主であること
・雇用する建設労働者に対して認定訓練を受講させ、その期間、通常の賃金の額以上の賃金を支払うこと
・雇用保険法施行規則による人材開発支援助成金又はキャリアアップ助成金(認定訓練を行う施設に建設労働者を派遣する場合に限る)の支給決定を受けたこと
・雇用管理責任者を選任していること

人材開発支援助成金及びキャリアアップ助成金は訓練実施1か月前までに事前の計画届等の提出が必要です。

〇 助成の対象となる訓練課程・訓練科
職業能力開発促進法第24条第1項に規定する認定職業訓練又は同法第27条第1項に規定する指導
員訓練のうち、別に定める建設関連の訓練に限ります。なお、経理事務・営業販売的な要素を持つ訓練は、この助成金の対象とはなりません。