« 中途採用拡大コース | メイン | 再雇用評価処遇コース »

選択的適用拡大導入時処遇改善コース

キャリアアップ助成金 選択的適用拡大導入時処遇改善コース

★ どんな助成金?

社会保険の選択的適用拡大(500人以下企業において、労使の合意に基づき、企業単位で有期契約労働者等への社会保険適用拡大が可能となる)の導入に伴い、新たに適用対象となるすべての有期契約労働者等の賃金を一定割合以上で増額した場合に助成されるものです。

★ いくらもらえる?

賃金増額の割合と、企業規模、生産性要件によって1人当たりの額が異なってきます。生産性要件の対象です。

中小企業事業主

賃金増額の割合 3%以上5%未満・・・生産性要件未達1.9 万円・・・達成2.4 万円
賃金増額の割合 5%以上7%未満・・・生産性要件未達3.8 万円・・・達成4.8 万円
賃金増額の割合 7%以上10%未満・・・生産性要件未達4.75 万円・・・達成6 万円
賃金増額の割合 10%以上14%未満・・・生産性要件未達7.6 万円・・・達成9.6 万円
賃金増額の割合 14%以上・・・生産性要件未達9.5 万円・・・達成12 万円

大企業

賃金増額の割合 3%以上5%未満・・・生産性要件未達1.425 万円・・・達成1.8 万円
賃金増額の割合 5%以上7%未満・・・生産性要件未達2.85 万円・・・達成3.6 万円
賃金増額の割合 7%以上10%未満・・・生産性要件未達3.325 万円・・・達成4.2 万円
賃金増額の割合 10%以上14%未満・・・生産性要件未達5.7 万円・・・達成7.2 万円
賃金増額の割合 14%以上・・・生産性要件未達7.125 万円・・・達成9 万円

★ 受給のポイント

○ 次の①から⑦までのすべてに該当する事業主であること。

① 労使合意に基づき社会保険の適用拡大の措置を実施した事業主であること。社会保険の適用拡大の申出をし、任意特定適用事業所該当通知書の交付を受けた事業主をいいます。

② ①の措置該当日において、新たに社会保険の被保険者となった全ての有期契約労働者等の基本給を増額した事業主であること。

③ 全ての有期契約労働者等の基本給について、①の措置を講ずる前の基本給と比べて一定の割合(3%以上)で増額する措置を講じた事業主であること。

④ 有期契約労働者等を措置適用後6か月以上の期間継続して雇用し、当該労働者に対して基本給の増額後6か月分の賃金を支給した事業主であること。 通常の勤務をした日数が11日未満の月は除く

⑤ 措置該当日以降の期間について、当該労働者を雇用保険及び社会保険の被保険者として適用させている事業主であること。

⑥ 上記②実施後に、社会保険加入状況及び基本給を明確にした雇用契約書等を作成および交付している事業主であること。

⑦ 生産性要件を満たした場合の支給額の適用を受ける場合にあっては、当該生産性要件を満たした事業主であること。