« 早期雇入れ支援コース | メイン | 選択的適用拡大導入時処遇改善コース »

中途採用拡大コース

労働移動支援助成金 中途採用拡大コース

★ どんな助成金?

○ 中途採用者の採用計画を立て、雇用管理制度を整備した上で中途採用者の採用を拡大して・・・

①中途採用率の向上 または・・・
②45 歳以上を初めて雇用

して、生産性を向上させた事業主に対して助成します。

★ いくらもらえる?

生産性要件の対象です。
生産性そのものが、助成金が0になるかどうかの要件です。

① 中途採用割合を引き上げた場合50 万円
② 45 歳以上の者を初めて中途採用した場合 60 万円

★ 受給のポイント

対象事業主

中途採用計画期間(1年)の初日の前日から3年をさかのぼった日から当該前日までの期間において・・・

①中途採用率の向上・・・中途採用率(雇い入れた者に占める中途採用者の割合)が2分の1以上であること。
②45 歳以上を初めて雇用・・・計画期間の初日の前日以前に、申請事業所において45 歳以上の者を期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く。)として雇用したことがないこと。

対象労働者

本コースにおける「対象労働者」は、次の(1)~(3)のすべてに該当する労働者です。
(1)申請事業主に中途採用により雇い入れられた者であること。
中途採用とは、新規学卒者および新規学卒者と同一の採用の枠組み以外で採用された方をいいます。
(2)雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者として雇い入れられた方であること。
(3)期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く)として雇い入れられた方であること。
(4)中途採用率の向上については、雇入れ時の年齢が45 歳以上であること。

中途採用計画の策定

採用予定職種、採用予定者数、採用予定時期、採用目的、採用部署・役職、採用時の評価方法、採用後のモデルキャリアを定めることが必要です。

(1)中途採用者の雇用管理制度を整備するものであり、中途採用者に適用される募集・採用以外の雇用管理制度が、新規学卒者等に適用されるものと同じであること。
雇用管理制度・・・募集・採用を除く、労働時間・休日、雇用契約期間、評価・処遇制度、福利厚生などをいいます。
中途採用計画により採用を行う予定の職種が、中途採用者のみを対象とする場合等は除きます。

(2)中途採用計画期間(1年)内の中途採用の拡大について計画していること。
(3)計画期間内に採用した支給採用者を、支給申請日までに事業主都合により解雇(退職勧奨等を含む)していないこと。

支給申請日の翌日から支給決定時までの間に、支給対象者を事業主都合により解雇(退職勧奨等を含む)をした場合は対象になりません。