« 再雇用評価処遇コース | メイン | 若年・女性労働者向けトライアル雇用助成コース »

長期不安定雇用者雇用開発コース

特定求職者雇用開発助成金 長期不安定雇用者雇用開発コース

いわゆる「就職氷河期」対策のための助成金です。

★ どんな助成金?

いわゆる就職氷河期に就職の機会を逃したこと等により、長期にわたり不安定雇用を繰り返してきた者を通常の労働者(正規雇用労働者)として新たに雇い入れた事業主に対して、助成金を支給するものです。

★ いくらもらえる?

中小企業事業主 :60 万円
中小企業事業主以外:50 万円 (生産性要件なし)

★ 受給のポイント

以下の(1)~(4)の要件をすべて満たす者を公共職業安定所等の紹介により、正規雇用労働者として新たに雇い入れた事業主が受給できます。

(1) 35 歳以上60 歳未満の求職者
(2) 雇入れの日の前日から起算して過去10 年間に5回以上離転職を繰り返してきた者
(3)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者などの紹介の時点で失業状態にある方。ただし、雇用保険の一般被保険者として就労している場合は、失業の状態とは認められません。
(4)正規雇用労働者として雇用されることを希望している方。

対象事業主

(1) 雇用保険の適用事業主であること
(2) 対象労働者をハローワークなどの紹介によって正規雇用労働者として、かつ雇用保険の一般
被保険者(一週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である短期間労働者を除く。)として
雇用することが確実であると認められること
(3)対象労働者の雇用管理に関する事項を管轄労働局長に報告すること
(4)対象労働者の雇入れ日の前後6カ月間(以下「基準期間」という。)に、事業主の都合による従業
員の解雇(勧奨退職を含む。)をしていないこと
(5)基準期間に、倒産や解雇など特定受給資格者となる離職理由で離職した被保険者数が、対象労働者の雇入れ日における被保険者数の6%を超えていないこと(特定受給資格者となる離職者が3人以下の場合を除く。)
(6)対象労働者の出勤状況や賃金の支払い状況などを明らかにする書類を整備・保管していること(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿など)

正規雇用労働者とは?

以下のいずれにも該当する者とします。
ただし、一週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である短時間労働者は除きます。
また、正規雇用労働者について就業規則等において定められていることが必要です。

・期間の定めのない労働契約を締結している労働者であること。
・派遣労働者として雇用されている者でないこと。
・所定労働時間が同一の事業主に雇用される通常の労働者の所定労働時間(週30時間以上)と同じ労働者であること。
・同一の事業主に雇用される通常の労働者に適用される就業規則等に規定する賃金の算定方法および支給形態、賞与、退職金、休日、定期的な昇給や昇格の労働条件について長期雇用を前提とした待遇が適用されている労働者であること。