« 中高齢者雇用ハンドブック2015 に執筆しました! | メイン | 特定分野認定実習併用職業訓練 »

キャリア形成支援制度導入コース

人材開発支援助成金 キャリア形成支援制度導入コース

★どんな助成金?

セルフ・キャリアドックの制度、教育のための休暇制度を、従業員のキャリア形成促進のためのツールとして活用し、企業内における人材育成を促進するための取組を行った事業主等に対する助成です。企業内の職業能力開発の仕組みづくりを促進します。

★いくらもらえる?

以下の制度を就業規則などに規定して導入し、従業員に実施した事業主に、一定額を助成します。導入・実施助成47.5万円(生産性要件達成60万円)です。

中小企業のみ受給可能です。

生産性要件の対象です。

・ セルフ・キャリアドック制度
⇒ 従業員に対する継続的なキャリア・コンサルティングを、ジョブ・カードを活用し計画的に行う制度

・ 教育訓練休暇制度
⇒ 教育訓練のための休暇制度を導入する制度

★受給のポイント

制度の導入の証として、就業規則の改定等が必要です。また、企業規模ごとに、適用最低人数、日数があります。

雇用する被保険者数20人未満 ・・・最低適用人数:1人
20人以上30人未満・・・ 2人
30人以上40人未満・・・ 3人
40人以上50人未満・・・ 4人
50人以上・・・5人

雇用する被保険者数20人未満 ・・・最低適用日数:5日以上
20人以上30人未満・・・ 10日以上
30人以上40人未満・・・ 15日以上
40人以上50人未満・・・ 20日以上
50人以上・・・25日以上

セルフ・キャリアドック制度
中級以上のキャリアコンサルタントの方を確保し、定期的にコンサルを行っていく必要があります。

教育訓練休暇等制度
自発的な訓練で、有給にも無給にもできます。OJTや業務命令の教育などは対象になりません。

関連記事 新労社 おりおりの記
企業内人材育成推進助成金のキモ

27年度“組合”向けの雇用関係助成金