« 障害者トライアル雇用コース | メイン | 特別育成訓練コース »

正社員化コース

キャリアアップ助成金 正社員化コース

★ どんな助成金?

就業規則に正規雇用等に転換または直接雇用する制度を規定し、実際に有期契約労働者等を正規雇用に転換し、一定期間勤めた場合に助成します。

★ いくらもらえる?

中小企業か、大企業かによって支給額や支給率が違います。
生産性要件の対象です。

1、有期→正規:1人当たり 57万円<生産性の向上が認められる場合72万円>
(42万7,500円<生産性の向上が認められる場合54万円>)
2、無期→正規:1人当たり 28万5,000円<生産性の向上が認められる場合36万円>
(21万3,750円<生産性の向上が認められる場合27万円>)

〈1、2合わせて1年度1事業所当たり20人まで〉

加算

・派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者または多様な正社員として直接雇用した場合
1,2・・・1人当たり28万5千円(大企業も同額)(大企業も同額)加算

・⺟⼦家庭の⺟等を転換等した場合。
1・・・1人当たり95,000円<生産性の向上が認められる場合12万円>
2・・・47,500円(大企業も同額)加算<生産性の向上が認められる場合6万円>

人材開発支援助成金において高助成率とする一定の IT 訓練等(雇用環境・均等局長が定めるもの又は一般職業訓練若しくは有期実習型訓練に限る)を経た場合に、正社員化コースの助成額の上乗せがあります。上乗せを含めた額は・・・

有期雇用労働者から正規雇用労働者への転換 66 万 5,000 円(中小企業事業主)52 万 2,500 円(中小以外)
無期雇用労働者から正規雇用労働者への転換 33 万 2,500 円(中小企業事業主)26 万 1,250 円(中小以外)

「勤務地限定・職務限定・短時間正社員」制度を新たに規定し、有期雇用労働者等を当該雇用区分に転換等した場合
1事業所当たり9万5,000円<12万円>(7万1,250円<9万円>) <1事業所当たり1回のみ>

上記のほか、有期実習型訓練を修了した者を正規雇⽤労働者等として転換または直接雇⽤した場合、その訓練について 人材開発支援助成金 特別育成訓練コースに規定する額を受給できます。

★ 受給のポイント

対象となる労働者

・支給対象事業主に雇用される期間が通算して6か月以上3年未満の有期契約労働者等
・正規雇用労働者または多様な正社員として、雇用することを約して雇い入れられた有期契約労働者等でないこと。
・紹介予定の派遣労働者であること(2~6ヶ月の期間でも対象) 等

令和4年10月から以下の厳格化が適用になります。正規非正規はこれまでは会社内で決めた定義でよかったものが・・・

○正社員の定義:「賞与または退職金の制度」かつ「昇給」が適用されている者に限られます。

○非正規社員の定義:賃金の額または計算方法が「正社員と異なる雇用区分の就業規則等」の適用を受けている、つまり非正規社員就業規則の適用が必須になります。

対象になる事業主

・転換された労働者を、転換後6か月以上の期間継続して雇用し、転換後、時間外手当等を含まない6か月分の基本給及び定額で支給される諸手当を、3%以上アップ(賞与を含まない)させて支給した事業主であること。
・正規雇用労働者または無期雇用労働者に転換した日以降の期間について、当該者を社会保険の被保険者として適用させている事業主であること。等

過去の関連記事
ものすごい広がりの”キャリアアップ助成金”