« 雇用管理制度助成コース | メイン | 中小企業の判断基準について »

地域雇用開発コース

地域雇用開発奨励金 地域雇用開発コース

★ どんな助成金か?

一定の地域において、雇用機会を創出し、雇用を維持する事業主に対して助成します。創業の場合は、支給額に上乗せがあります。雇用機会が特に不足している地域で、 ①事業所の設置・整備を行い ②ハローワークなどの紹介により労働者を雇い入れた事業主に、最大3年間(3回)奨励金を支給します。

★ いくらもらえる?

1回目の支給時に限り、中小企業事業主の場合は、1回目の支給額の1/2の金額が上乗せされます。 創業と認められる場合は、支給額の1/2をさらに上乗せ支給、※( )内は創業の場合のみ適用
     
生産性要件の対象です。

○ 事業所の設置・整備費用300万円以上1,000万円未満
3(2)※~4人… 創業事業主1回目 50万円 基本額48万円/生産性要件クリア60万円
5~9人… 80万円 76万円/96万円
10~19人… 150万円 143万円/180万円
20人以上…300万円 285万円/360万円

○ 事業所の設置・整備費用1,000万円以上3,000万円未満
3(2)※~4人… 創業事業主1回目 60万円 基本額57万円/生産性要件クリア72万円
5~9人…100万円 95万円/120万円
10~19人… 200万円 190万円/240万円
20人以上…400万円 380万円/480万円

○ 事業所の設置・整備費用3,000万円以上5,000万円未満
3(2)※~4人… 90万円 86万円/108万円
5~9人…150万円 143万円/180万円
10~19人… 300万円 285万円/360万円
20人以上…600万円 570万円/720万円

○ 事業所の設置・整備費用5,000万円以上         
3(2)※~4人…120万円 114万円/144万円
5~9人…200万円 190万円/240万円
10~19人… 400万円 380万円/480万円
20人以上…800万円 760万円/960万円

同意雇用開発促進地域における大規模雇用開発を行う事業主に対する特例の支給額
下表の額は左側は基本額、右側が「雇用開発助成金共通の要件」に定めている生産性要件を満たした事業主に対して支給する額です。

設置・整備費用50億円以上支給対象者の数 100人以上 支給額0.95億円/1.2億円
設置・整備費用50億円以上 支給対象者の数200人以上 支給額1.9億円/2.4億円

★ 受給のポイント

○一定の地域とは、同意雇用開発促進地域、過疎等雇用改善地域、特定有人国境地域等(毎年度変わります),、をいいます。
○計画期間(計画書の提出から事業所の設置・整備および雇入れ完了まで)は最大18か月。
○ハローワーク、有料・無料職業紹介事業者等の紹介により地域求職者を雇い入れること。
○事業所の被保険者数が増加し、労働者の職場定着を図っていること。

同意雇用開発促進地域における大規模雇用開発を行う事業主に対する特例
次の要件のすべてに該当する場合。

・同意雇用開発促進地域内における雇用機会の増大に関する大規模雇用開発計画を作成し、厚生労働大臣の認定を受けること
・当該大規模雇用開発計画の定める雇用開発期間(最大2年間)内に、50億円以上の設置費用をかけて、新たに事業所を設置すること
・当該地域に居住する求職者等を雇用保険一般被保険者(短時間労働者を除く。)として100人以上雇い入れること

他に以下の特例があります。
・戦略産業雇用創造プロジェクト及び地域活性化雇用創造プロジェクト参加事業主に対する特例
・熊本地震特例

メインに戻ります