« 職場適応訓練費 | メイン | 若年人材育成訓練 »

グローバル人材育成訓練

人材開発支援助成金 特定訓練コース グローバル人材育成訓練

海外向けの教育助成金です。

★ どんな助成金?

海外事業の実施に当たって、海外関連業務を行う従業員を育成するための訓練を実施する事業主または団体に対して助成金を支給します。

海外関連業務・・・海外事業拠点での事業展開、海外への販路開拓、販売網の拡大、輸出、海外の企業との提携・合併等の海外事業を実施するに当たって生じる次の業務をいいます。

①海外生産・事業拠点における管理業務
②海外市場調査
③提携、販売等の契約業務
④国際法務など海外事業に関連した業務

★ いくらもらえる?

生産性要件の対象です。

・賃金助成 1時間あたり760 円、生産性要件満たす場合960円(大企業380 円、生産性要件満たす場合480円)
・経費助成 実費相当額の45%、生産性要件満たす場合60%(大企業30%、生産性要件満たす場合45%)

賃金助成限度額

Off-JT賃金助成(1人1コース当たり)
1,200時間が限度時間となります。

経費限度額

1人1コース当たりの訓練時間が・・・
20時間以上100時間未満・15万円(大企業10万円)
100時間以上200時間未満・30万円(大企業20万円)
200時間以上・50万円(大企業30万円)

★ 受給のポイント

・Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
・助成対象訓練時間が10時間以上であること(海外の大学院、大学、教育訓練施設などで実施する訓練は30時間以上)
・海外関連業務を行っている事業主、または今後海外関連業務を行うことを計画している事業主が、その雇用する労働者に対して実施する海外関連業務に関連する訓練であること。ただし、日本の訓練機関が単に海外で施設を借りて実施するものは原則、対象外となります。

訓練例
・語学力・コミュニケーション能力向上のための講座などの受講
・リーダーシップ、文化理解などグローバルな行動特性を養成するための講座などの受講
・国際法務、国際契約、海外マーケティング、地域事情に関する講座などの受講

震災特例あります。