« 全国中小企業団体中央会セミナー | メイン | DVD「助成金の最新情報と活用方法」 »

受動喫煙防止対策助成金

喫煙室設置費用に関する助成金です。

★ どんな助成金?

受動喫煙による健康障害防止等を図るための助成金です。中小企業事業主が受動喫煙防止対策を実施するために必要な経費 のうち、一定の基準を満たす喫煙専用室等の設置などにかかる工費、設備費、備品費、機械装置費などの経費に対して助成を行うものです。経費の一部を助成します。

★ いくらもらえる?

中小事業主のみ受給可です。

喫煙室設置に係る費用の2分の1(支給上限100万円)
喫煙室の設置等を講じる 事業場が飲食店の場合は3分の2

単位面積当たりの上限額・・・喫煙室の設置・改修、屋外喫煙所の設置・改修: 60 万円/㎡
それ以外の受動喫煙を防止するための措置・改修(換気装置の設置など):40 万円/㎡

★ 受給のポイント

次のすべてに該当する中小企業事業主で、喫煙室設置に係る費用を支出すること。

・労働者災害補償保険の適用事業主であること。
・事業場の室内及びこれに準ずる環境において、措置を講じる区域以外を禁煙とする事業主

喫煙室を設置する措置等とは?

・喫煙専用室 :入口における風速が0.2m/s以下。飲食不可。
・指定たばこ専用喫煙室:健康増進法に規定する喫煙室。風速など喫煙専用室と同じ。
・屋外喫煙所:喫煙所直近の建物の出入り口の浮遊粉じん度が増加しない
・換気装置:必要換気量…70.3×席数/(立米) 粉じん濃度…0.15mg/(立米)以上の場合、それ以下とする。

工事の発注、施工を行う前に、設置する事業場 を所轄する都道府県労働局(以下「所轄の労働局」)への申請が必要となります。 年度内に工事を完了し、 翌年度の4月 10 日までに事業実績報告を行うことができない場合は、助成金の 交付を受けることができません。