« 全国中小企業団体中央会セミナー | メイン | 中小企業最低賃金引き上げ支援対策費補助金 »

受動喫煙防止対策助成金

喫煙室設置費用に関する助成金です。

★ どんな助成金?

受動喫煙による健康障害防止等を図るために、労働安全衛生法改正を行いましたが、それに伴ってできた助成金です。顧客が喫煙できることをサービスに含めて提供している中小企業に対し、喫煙室の設置等の取組に対し助成することにより受動喫煙防止対策を推進することを目的としています。

★ いくらもらえる?

中小事業主のみ受給可です。

喫煙室設置に係る費用の2分の1(支給上限は200万円)

単位面積当たりの上限額・・・喫煙室の設置・改修、屋外喫煙所の設置・改修: 60 万円/㎡
それ以外の受動喫煙を防止するための措置・改修(換気装置の設置など):40 万円/㎡

★ 受給のポイント

 次のすべてに該当する中小企業事業主で、喫煙室設置に係る費用を支出すること。

1 労働者災害補償保険の適用事業主であること。
2 措置を記載した計画を作成し、当該計画を労働局長に届け出たこと。
3 事業場の室内及びこれに準ずる環境において、措置を講じる区域以外を禁煙
とする事業主
4 措置の実施の状況を明らかにする書類を整備していること。
5 工事の着工前に「受動喫煙防止対策助成金交付申請書」を所轄都道府県労働局長に提出し、
 あらかじめ交付決定を受けること。

喫煙室を設置する措置等とは?

・喫煙室:入口における風速が0.2m/s以下。飲食不可。
・屋外喫煙所:喫煙所直近の建物の出入り口の浮遊粉じん度が増加しない
・換気装置:A…70.3×席数(立米)/h B…0.15mg/(立米)以上の場合、それ以下とする。