« 産労総研 労務事情 2018 助成金執筆 | メイン | 治療と仕事の両立支援助成金 »

UIJターンコース

中途採用等支援助成金 UIJターンコース

東京圏(東京・千葉・埼玉・神奈川の一部)からの移住者を雇い入れた事業主に対して助成します。

★ どんな助成金?

内閣府の地方創生推進交付金を活用して、地方公共団体が実施する移住支援制度を利用して

Uターン(生まれ育った地方⇒都心⇒生まれ育った地方)
Iターン(生まれ育った地方⇒都心⇒他の方角の違う地方) 
Jターン(生まれ育った地方⇒都心⇒生まれ育った地方にやや近い地方)
 
をした者を採用した事業主に対し、厚生労働省もその採用活動に要した経費の一部を助成するというものです。東京圏以外の地域または東京圏でも「条件不利地域」に所在する事業所で、一定条件の労働者を1人以上雇い入れた場合出ます。

★ いくらもらえる?

対象経費
・募集・採用パンフレット等の作成・印刷経費
・自社ホームページ・自社PR動画の作成・改修経費
・就職説明会・面接会・出張面接等の実施経費(オンラインによるものを含みます)
(出展料、会場借料、採用担当者の旅費・宿泊費、使用資料の作成・印刷・送料費用など)
・外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士、民間有料職業紹介事業者等)による
コンサルティング費用

【助成率】1/3(上限 100 万円) 中小企業事業主は、1/2

★ 受給のポイント

どんな労働者が対象になるか?

・東京圏からの移住者であること 移住直前に、連続して5年以上、東京圏(条件不利地域を除く)に在住し、かつ、東京23区に通勤していた方
・地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)を活用して地方公共団体が実施する移住支援事業を利用したUIJターン者。
・その事業の地方公共団体が開設・運営するマッチングサイトに掲載された求人に応募し、計画期間中に雇い入れられた者であること
(新規学卒者および新規学卒者と同一の採用の枠組みで採用された者は除きます)
・地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)を活用して・移住支援金(地方創生推進交付金(移住・起業・就業タイプ)を活用して地方公共団体が支給する移住に係る支援金)の対象として掲載された求人で、認定を受けた計画に係る事業所の求人であること(1事業所が原則)
・雇入れ当初より雇用保険の一般被保険者または高年齢被保険者として雇い入れられた者であること

内閣府の地方創生推進交付金を活用して、地方公共団体が実施する移住支援制度とは?

労働局から委託された職業紹介事業者を経由して、東京23区在住者・通勤者が地方の中小企業等に就職した場合に、その労働者に移住支援金が支給されます。 他に起業支援金もあります。

受給の流れ

1 計画書の提出

採用活動および雇入れを行う前に、 「計画書」に必要な書類を添えて管轄労働局又はハローワークへ提出します。 (計画の始期を提出日から起算して1か月を経過した日から2か月以内で設定)その計画期間(6か月以上12 か月以内)に対象労働者を雇用することになります。

2 支給申請書の提出

計画期間の終期の翌日から2か月以内に「支給申請書」に必要な書類を添えて管轄労働局又はハローワークへ提出します。

関連記事 新労社おりおりの記
今年度は「中高年の再就職」もテーマ
中途採用等支援助成金 UIJターンコースのキモ