« 賃⾦規定等共通化コース | メイン | 中小企業団体助成コース »

出生時両立支援コース

両立支援等助成金 出生時両立支援コース

男性従業員の育児休業のための助成金です。

★ どんな助成金?

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組を行い、配偶者の出産後8週間以内に開始する育児休業を取得した男性労働者が発生した事業主に助成します。また、育児目的休暇制度を設ける企業については、さらに助成します。

★ いくらもらえる?<生産性要件該当>

①出生時両立支援助成

中小企業  取組及び育休1人目:57万円<72万円>   

2人目以降

中小企業 5日以上14日未満・・・14.25万円<18 万円>
14日以上1カ月未満・・・23.75 万円<30 万円>
1か月以上・・・33.25 万円<42 万円>

大企業   14日以上1カ月未満・・・14.25万円<18 万円>
1カ月以上2カ月未満・・・23.75 万円<30 万円>
2カ月以上・・・33.25 万円<42 万円>

上限人数:1年度に 10 人まで(ただし、既に育児休業取得実績のある企業においては、初年度は9人まで)

②育児目的休暇制度助成

中小企業 : 28.5 万円<36 万円>
中小企業以外: 14.25 万円<18 万円>
支給は1事業主につき、1回まで。

③個別支援加算
育児休業を取得した男性労働者について、当該労働者の育児休業の開始前に、個別面談等の育児休業の取得に資する個別的な取組を行った事業主に対し、現行の助成金に加算。

①1人目の育休取得 中小企業10 万円<12 万円> 大企業5万円<6万円>
②2人目以降の育休取得 中小企業5万円<6万円>大企業 2.5 万円<3万円>

★ 受給のポイント

①出生時両立支援助成

・支給対象となるのは、子の出生後8週間以内に開始する以下の休業です。

「5日以上14日未満の育児休業については所定労働日が4日以上」
「14日以上については所定労働日が9日以上」

育児休業については、育児休業等支援コース(育休取得時・職場復帰時)との併給は不可です。

・一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道府県労働局に届け出、また、公表し、労働者に周知させるための措置を講じていることが必要です。ただし、プラチナくるみんの認定を受けた事業主を除きます。

休暇の前に以下のような、職場風土作りの取組が必要です。

・男性労働者の育児休業取得に関する管理職や労働者向けの研修の実施
・男性労働者を対象にした育児休業制度の利用を促進するための資料配布等
・男性の育児休業取得促進について企業トップ等から社内呼びかけ及び厚生労働省のイクメンプロジェクトサイト内の「イクボス宣言」や「イクメン企業宣言」による外部への発信
・育児休業を取得した男性労働者の事例収集及び社内周知

②育児目的休暇制度助成

・育児に関する目的のために利用できる休暇制度の取得の推進に関する取組を行っている。
・育児に関する目的のために利用できる休暇制度を新たに導入し、出生前6週間又は出生後8週間以内に8日以上(中小企業は5日以上)の利用実績がある。
・ 一般事業主行動計画を策定した旨を届け出て、同計画を公表し、労働者に周知している。

③個別支援加算

休業中及び休業後の待遇や労働条件、関連する休暇その他両立支援制度に関する事項を、対象男性労働者に個別に知らせ、書面で明示し、面談すること。メール等又は書面により周知するもの。職場風土作りの取組とは別であり、個別に対象者に周知を行っていること。