« 小規模事業場産業医活動助成金 | メイン | 中企団 29年度 助成金セミナー »

職場環境改善計画助成金

ストレスチェックにプラスして、職場環境の改善に取り組めば降りる助成金です。

★ どんな助成金?

(Aコース)
ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえた計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に、負担した指導費用及び機器・設備購入費用の助成を受けることができる制度です。

(Bコース)
(Aコース)と違い、各都道府県にある産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づき、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえた計画に基づき職場環境の改善を実施した場合に負担した機器・設備購入費用の助成を受けることができる制度です。

(建設現場コース)
建設業の元方事業者が、ストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえて、各都道府県産業保健総合支援センターのメンタルヘルス対策促進員の助言・支援に基づき、職場環境改善計画を作成し、計画に基づき職場環境 の改善を実施した場合に負担した機器・設備購入(リースやレンタルを含む。)費用の助成を受けることができる制度です。

機器・設備購入費用に対する助成は【Aコース】【Bコース】合わせて将来にわたり1回限りとなります。ストレスチェックを実施し、その分析をすることが始まりとなります。それでさらに職場環境の改善をすれば降りる助成金です。

★ いくらもらえる?

(Aコース)助成対象は、①専門家の指導費用、②機器・設備購入費用で、助成額は1事業場当たり100,000 円が上限となります。ただし、機器・設備購入費は50,000 円(税込)を上限とし、かつ、単価50,000 円(税込)以内のものとします。

50,000 円(税込)の範囲であれば、複数の機器・設備が助成対象となります。

(Bコース)助成対象は、機器・設備購入費用のみで、助成額は1事業場当たり50,000 円が上限となります。50,000 円(税込)を上限とし、かつ、単価50,000 円(税込)以内のものとします。

50,000 円(税込み)の範囲であれば、複数の機器・設備が助成対象となります。

(建設現場コース)
1建設現場当たり 50,000 円が上限となります。 ただし、50,000 円(税込)を上限とし、かつ、機器・ 設備を購入する場合は、単価 50,000 円(税込)以内 のもの、機器・設備をリースやレンタルした場合は、費用の実費、とします。

★ 受給のポイント

(Aコース)

①労働保険適用事業場であること。
②ストレスチェック実施後の集団分析を実施していること。
③平成29年度以降、専門家と職場環境改善指導に係る契約を締結していること。
④ストレスチェック実施後の集団分析結果だけではなく、専門家から管理監督者による日常の職場管理で得られた情報、労働者からの意見聴取で得られた情報及び産業保健スタッフによる職場巡視で得られた情報等も勘案して職場環境の評価を受け、改善すべき事項について指導を受けていること。
⑤専門家の指導に基づき職場環境改善計画を作成し、当該計画に基づき職場環境の改善の全部又は一部を実施していること。
⑥専門家から、職場環境改善計画に基づき職場環境の改善が実施されたことの確認を受けていること。

(Bコース)

①、②はAコースと共通
③平成29年度以降、新たに事業場を訪問したメンタルヘルス対策促進員からストレスチェック実施後の集団分析結果の見方やストレスチェック実施後の集団分析結果を踏まえた職場環境改善手法について助言・支援を受けていること。
④メンタルヘルス対策促進員の助言・支援を受け、職場環境改善計画を作成し、当該計画に基づき職場環境の改善を実施していること。
⑤メンタルヘルス対策促進員が、職場環境改善計画に基づき職場環境の改善が実施されていることを確認していること。

(建設現場コース)

① 労災保険の適用事業であること。
② 元方事業者及び関係請負人の労働者数が常時50人以上の建設現場 であること。
③ 元方事業者は、ストレスチェック実施後の集団分析を実施している こと。
④ 平成 31 年1月以降、新たに建設現場を訪問したメンタルヘルス対策 促進員からストレスチェック実施後の集団分析結果の見方やストレス チェック実施後の集団分析結果を踏まえた職場環境改善手法について 助言・支援を受けていること。
⑤ メンタルヘルス対策促進員の助言・支援を受け、職場環境改善計画 を作成し、当該計画に基づき職場環境の改善を実施していること。
⑥ メンタルヘルス対策促進員が、職場環境改善計画に基づき職場環境 の改善が実施されていることを確認していること。